Now Loading...
Now Loading...
腎と脂質研究会 会の歩み

 1986年頃、新たに鐘淵化学工業(現:カネカ株式会社)より開発された選択的にLDLを吸着するリポソーバーを家族性高コレステロール血症患者に使用した結果、効率よく脂質を低下させることを経験していた。

 同じ頃、著名な高脂血症を伴うFGS由来のネフローゼ症候群の治療に苦慮していたが、1987年ロンドンで開催された第11回国際腎臓学会でのシンポジウムで脂質代謝異常と腎障害の進行とは極めて関連性が高い事が示唆され、事実、リポソーバーを用いてFGS患者を治療した結果、劇的に改善した症例を経験した。

 なぜ、LDL吸着がFGS患者を改善させたか、他施設で共同研究する必要が急務であると考えたすなわち、研究会の設立である。そこで、上述した様な症例に興味をもって出られた飯野 靖彦(日本医科大学)、宗 正敏(当時:和歌山県立医科病院)、大坪 修(当時:虎の門病院)と酒井(当時:東京慈恵会医科大学青戸病院)が世話人会を、また、代表世話人に杉野 信博(当時:東京女子医科大学)の諸先生にお願いして「第1回進行性腎障害と高脂血症治療懇話会」が発足した(1988年)。

 なお、5回以降は会の名称を「腎と脂質研究会」と改め、この会がより発展するために世話人に小椋 陽介(当時:虎の門病院)、湯川 進(当時:和歌山県立医科病院)、武曾 恵里(当時:京都大学)、斉藤 喬雄(当時:東北大学)、服部 元史(東京女子医科大学)、西沢良記(大阪市立大学)、頼岡 徳在(広島大学)、木村 健二郎(聖マリアンナ医科大学)、杉山 敏(藤田保険衛生大学)、渡辺 毅(福島県立医科大学)の諸先生の応援を得た。

 本研究が発展していく中で、1998年には「腎と脂質に関する国際シンポジウム」を三重県志摩で開催することができた。本邦における腎と脂質に関する研究レベルの高さが評価されたことによる。

 本研究会の最も大きな社会貢献は、各世話人の施設を中心にLDL吸着療法のFGS患者への有効性について厚生省(当時)に働きかけ、健康保険適応にすることが出来、多くのFGS患者の福音になったことである。

 さらに本研究会は、CKSに合併した脂質代謝異常は、明らかに腎障害の進展因子の一つであることを早期から明らかにしてきた事も特筆して良い。

 最後に、本研究会の発展に多大な協力を惜しまれなかったカネカ株式会社医薬品事業部の諸氏ならびに米沢 邦三氏に深謝する。

酒井 聡一(腎と脂質研究会顧問)

第29回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2017/3/18 広島 小田 弘明
医療法人小田内科クリニック
第28回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2016/3/26 大阪 竹村 司
近畿大学医学部小児科学教室
第27回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2015/04/18 金沢 和田隆志
金沢大学医薬保健研究域医学系血液情報統御学
第26回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2014/03/08 愛知 湯澤由紀夫
藤田保健衛生大学医学部腎内科学
Bertram L. Kasiske
Professor,
Hennepin Country Medical Center
University of Minnesota Medical School
第25回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
June 5 -
June 7,
2013
Fukuoka Takeo Saito
Professor,
General Medical Reseach Center
Fukuoka University School of Medicine
Bertram L. Kasiske
Professor,
Hennepin Country Medical Center
University of Minnesota Medical School
第24回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2012/03/03 京都 武曾恵理
財団法人 田附興風会医学研究所北野病院
研究所副所長・腎臓内科
第23回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2011/10/08 東京 内田俊也
帝京大学医学部内科学講座
第22回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2010/03/06 金沢 横山 仁
金沢医科大学医学部腎臓内科学
第21回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2009/03/09 仙台 佐藤 博
東北大学大学院医学系研究科腎・高血圧・
内分泌学分野
第20回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2008/03/08 東京 平野 勉
昭和大学第一内科
第19回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人

第18回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2006/2/25 名古屋 杉山 敏
藤田保健衛生大学腎臓内科
第17回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2005/03/12 東京 木村 健二郎
聖マリアンナ医科大学腎臓高血圧内科
第16回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2004/03/13 広島 賴岡 徳在
広島大学大学院医歯薬学総合研究科
腎臓病態制御学
第15回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2003/02/22 大阪 西沢 良記
大阪市立大学医学部第二内科
第14回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2002/02/16 福岡 斉藤 喬雄
福岡大学医学部第四内科
第13回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2001/02/17 東京 服部 元史
東京女子医科大学腎臓病総合医療センター
小児科
第12回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
2000/02/05 京都 武曾 恵理
京都大学医学部第三内科
腎と脂質に関する国際シンポジウム
開催日 開催地 当番世話人
1998/10/8-11 三重 湯川 進
和歌山県立医科大学第三内科
Keane
Department of Medicine,University of Minnesota,Minneapolis
第11回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
1998/03/07 東京 宗 正敏
和歌山県立医科大学第三内科
第10回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
1997/02/22 東京 飯野 靖彦
日本医科大学第二内科
第9回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
1996/02/24 東京 酒井 聡一
東京慈恵会医科大学青戸病院
第8回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
1995/02/18 東京 宗 正敏
和歌山県立医科大学第三内科
第7回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
1994/02/19 東京 小椋 陽介
虎ノ門病院腎センター
第6回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
1993/02/20 東京 酒井 聡一
東京慈恵会医科大学青戸病院
第5回腎と脂質研究会
開催日 開催地 当番世話人
1992/02/15 東京 酒井 聡一
東京慈恵会医科大学青戸病院
第4回進行性腎障害と高脂血症治療懇話会
開催日 開催地 当番世話人
1991/02/16 東京 宗 正敏
和歌山県立医科大学第三内科
第3回進行性腎障害と高脂血症治療懇話会
開催日 開催地 当番世話人
1990/02/17 東京 飯野 靖彦
日本医科大学第二内科
第2回進行性腎障害と高脂血症治療懇話会
開催日 開催地 当番世話人
1989/03/25 東京 大坪 修
虎の門病院腎センター
第1回進行性腎障害と高脂血症治療懇話会
開催日 開催地 当番世話人
1988/03/05 東京 酒井 聡一
東京慈恵会医科大学青戸病院
事 務 局
藤田保健衛生大学医学部腎内科学
〒470-1192愛知県豊明市沓掛町田楽ケ窪1番地98
電話0562-93-9245/ファックス0562-93-1830